手の甲からの採血

2019年12月6日

まーまーよくあるケースですよね。
 
  
 
 
非常に痛い(らしい)ので安全かつ速やかに終わらせてあげたいと
いつも思っているんですけどね。
 
ここの場所、たいてい血管は細くて動きやすい(逃げやすい)。
 
わたしは翼状針をよく使いますが、
注射器でも基本は同じです。
 
細い針を選択。
血管の横の壁を狙い、
(やや大きめの)角度をつけ針を刺し、
血液の流入が見えたら角度を血管の走行に合わせ
2-3mm進めて固定です。
固定ポジが不安定のことが多いので
翼状針が無難で推奨いたします。
 
あとは最後まで血流がとまらないよう
ゆっくり陰圧をかけましょう。