低血圧の患者

2019年11月2日

低血圧の患者では
腕に駆血帯を巻いて締めると
末梢側である「手」への血流が乏しくなり
見た目に白くなっていきます。

それとともに患者が手の痺れを訴えると思いますので、
早く採血を終え、駆血帯を締めている時間を
可能な限り短くしてあげたいところ。

しかし、必要採血量が多い場合、
針を刺し血液の流入がみられても途中で流入がストップすることがあります。

こんなときは慌てて針を抜かず
駆血帯を外すと血流が再開するはずです。

焦って失敗したと勘違いしてあきらめないように!