採血量が不足していると

採血困難で少量しか血液がとれないケースがありますよね。
 
採血後、採れた少量の血液を各採血管に
検査可能最低限ラインで分注して検査室に提出していると思います。
 
この「分注量」の過不足が測定値に影響することが
あるようなので注意が必要です。
 
採血量不足で偽高値になる検査項目
  • APTT
  • 赤沈
 
採血量不足で偽低値になる検査項目
  • PT
  • フィブリノーゲン
 
採血量過剰で偽高値になる検査項目
  • フィブリノーゲン
 
また、採血量不足で好中球の形態に変化がみられ、
検査結果に影響が出る可能性があるようです。
 
原因は検体量の過不足により必要以上の「圧」が
採血管内の検体にかかることと言われています。
 
気をつけなければなりませんね。