寝た状態での採血

2020年1月28日

採血時に気分が悪くなったり
意識を消失したことがある患者については、
寝た状態で採血を行いますが、
これが検査測定値に影響を及ぼす可能性があります。
 
寝て採血
 
具体的には、
  • 赤血球数
  • ヘマトクリット
  • 総タンパク
  • アルブミン
  • コレステロール
  • TG
  • アルドステロン
  • レニン
  • エピネフリン
  • ノルエピネフリン
 
は立位の状態で高値であり、
寝た状態で低値となるようです。
 
立位の状態では下肢血管内の水分が血管から漏出し循環血漿量が下がり、
相対的に測定値が上昇するというメカニズムです。