長時間の駆血はNG!

2019年12月25日

以前、記事でバンド型の駆血帯をオススメしました。
 
バンド型はチューブ型より締め具合を調節しやすいためです。
 
しかし、締める力が強すぎたり、
締める時間が長すぎると測定値へ影響が出るようです。
 
以下の検査項目では偽高値になると言われています。
 
  • 赤血球数
  • Ht
  • ALT
  • CK
  • 総ビリルビン
  • LD
  • アルブミン
  • ALP
  • 総タンパク
  • 総コレステロール
  • TG
  • AST
  • カルシウム
 
よって、駆血は1分以内が望ましいとされています。