採血の知識

採血困難で少量しか血液がとれないケースがありますよね。 採血後、採れた少量の血液を各採血管に検査可能最低限ラインで分注して検査室に提出していると思います。 この「分注量」の過不足が測定値に影響することがあるようなので注意が必要です。 採血量 ...

採血器具の使い方

以前、記事でバンド型の駆血帯をオススメしました。 バンド型はチューブ型より締め具合を調節しやすいためです。 しかし、締める力が強すぎたり、締める時間が長すぎると測定値へ影響が出るようです。 以下の検査項目では偽高値になると言われています。  ...

採血のコツ

溶血とは赤血球の膜が破れ、内部のヘモグロビンが外に流出することです。 採血時に溶血してしまうと測定値に影響を及ぼします。 たとえば検査項目のLD
AST

カリウム
NSE
血清ヘモグロビン
アルドラー ...